下取り価格に騙されるな!

ディーラーや中古車販売店で新しい車を購入する際、古い車を下取りに出すと、見積書を見ただけでは下取り価格がわかりにくいことがあります。

見積書には車両本体、オプション、付属品、それに税金や保険、諸費用などが加えられた金額が請求額として記載されますが、手放す車の下取り価格も見積書に車両値引き額として含まれてしまうため、下取りの詳細はわかりません。

実際、ディーラーや中古車販売店の下取り価格は曖昧です。一応、レッドブックという中古車の価格表を参考に下取り価格は決められるんですが、その通りにならないことも多く、営業マンのさじ加減でいくらにでもなるというところが本当のところでしょう。

下取りは新しい車の購入とセットになるものなので、購入する車の価格次第で下取り価格は自由に調整される面が強い。

ディーラーは最初からいくらで販売するかを決めており、そこから値引き額や下取り査定額を調整して、最初に設定した価格に持っていくという具合なんです。

だから、最初から購入を前提とした下取りを依頼しても、本当の査定額も、限界まで値引きした新車単体の価格もユーザーにはわからないようになっているのです。

下取りを使う限りは…

営業マンのサジ加減で査定額が決まる
査定額が安くなってしまう

と頭に入れておいてください。

新車をなるべく安く買いたいなら、下取りではなく買取で査定してもらうことです。相手が車を買うことだけを目的とする買取では、新車値引き等の帳尻合わせは起きないため、面倒な交渉もなしに高額査定を期待できるんですから。

下取り額は営業マンのサジ加減で決まる

ディーラーでも販売店でも下取り査定を行う時は、資格を持つ査定士が基準に従って査定することには変わりはありません。

しかし、実際は営業マンのサジ加減でいくらにでも調整できます。ディーラーなどの販売店の目的は車両を販売することであり、中古車を引き取ることではありません。

だからこそ販売が前提で下取りが行われるわけで、ディーラーの目論見としては、客をどう納得させて車両を売りつけることができるかを重視しているんです。間違ってはいけません。

そのために、営業マンはさまざまなセールストークを繰り広げて、客にいかにもお得な買い物をしたと思わせるようにしています。以下でそのテクニックを一部紹介しよう。

下取価格を上げて値引き額を下げる

最近では、車を買い替える際に、これまで乗っていた車をディーラーの下取りではなく買取専門店で査定してもらってから、ディーラーに行く人も増えています。

そうすることで、ディーラーでの下取り査定時に、買取専門店での査定額を伝えて値上げ交渉がしやすくなるわけです。

ディーラーとしても、そうされると下取り価格を上げて客の期待に応えたいところだが、下取り価格には限界が決まっているのでそう簡単にはいかない。特に他社の車だと高額査定を提示するのが難しい。

そんな場合に営業マンが使用するテクニックが、下取り価格を上げる代わりに購入予定の車の値引き額を下げる方法です。

新しい車の値引き額を通常より下げれば、下取り価格を買取専門店より高く提示することが可能になるんです。

ユーザーは買取専門店より高く下取りしてくれることに喜んで、その後の手続きもスムーズに進むわけだが、実際は下取り価格を上げた分だけ値引きが抑えられているわけだから、ユーザーは何も得をしていません。

しかし、新車価格からどれほど値引きできるかまで知っているユーザーが少ないことから、こういうテクニックで納得させられてしまうんです。

下取価格を下げて値引き額を上げる

上とは逆のテクニックが、下取り価格を下げて新しい車の値引き額を上げるというものです。

新しい車をできるだけ安く買いたいということばかりに気持ちが向いているユーザーにこのテクニックを使えば、簡単に満足して契約してもらえることが多い。

「がんばって値引きしました!」と見積書を見せられたら、下取り車の下取り価格が相場よりかなり低くても、気づかずに喜んですんなりハンコを押してしまうという具合です。

下取り価格と新車からの値引き額をいくらにするかは、トータルで利益が出てさえいればディーラーはいくらにでも調整できるんです。

新車をたくさん売ることがディーラーの本業だから、売れて利益が出ればそれでよいのです。